上達のヒミツ


字を習う時、一般的に師の手本を見て、それをまねて書くことから始めます。
その場合に大事なことは、手本を漠然と眺めるのではなく、手本の細部をきちんと見極めることです。具体的に言うと、

形の取り方、一字の中の空間の間の取り方、線の長短の判断等を上げることができます。

これを詳細に観察することにより、上達のスピードが格段に違ってくると思います。

手本を手にした時にやるべき事

手本のコピーを一枚とります。
コピーした手本を直接敷き写しにして習ってください。敷き写しする場合、筆の入れ方も含めて、忠実にまねるようにしてください。
2~3回敷き写しを実施したら、それを一度中止して手本を横において習うようにしてください。
自分のペースで「2」と「3」を繰り返し実施するようにしてください。

以上4項目をしっかり実行することにより、手本の詳細が明確になりますので、効果的に学べると思います。


ご希望の教室が見つかりましたら、お気軽にお問い合わせください。